読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『日本と原発』2015.07.11上映会(19時の回)

アンケート結果のまとめ(19時の回)

・”ドキュメンタリー映画を観る会・くびき野”‥第一回上映会…『日本と原発

 [注]:文中(*)以下は、当会からのコメントです。

 

 

 

(1)

とんでもない現実の中で今を生きていることを再確認しました。

もう原発はいらない。なくても大丈夫なのに政府は再稼動していることに怒りを感じます。

地震も大津波も予想されていたし、これからも 予知されているのに‥

もう 想定外ですまされたくは ないです。

 

 

(2)

上映してくださったことにまずお礼を申し上げます。

福島は決して他人事ではなく、私たち一人一人の問題です。

残念なことに、人々は皆忘れています。現実を直視、知ることは力だと思います。

人間の力の及ばない原発は決して再稼動してはいけないと思う。

脱原発です。

 

(3)

原発の再稼動のありえなさを改めて心に刻みました。

しかし、その代替としての風力や太陽光、LEDの可能性については疑問に感じ、残念に思いました。

風力にしても太陽光にしても未来への負の遺産を残すことになるし、LEDも有害なレザーだからです。

 

・観てみたい映画‥チェルノブイリ・ハート、ホワイトアウト

 

 

(*映画の中では、これら自然再生エネルギーについて、好意的に扱われていた。‥また、アンケートに答えてくださったこの方のように、自然再生エネルギーがまんいち負の遺産になるとしても‥どうして負の遺産が残るのか理由を書いておられないのだが‥映画では、人類を滅ぼす可能性がある原発事故と一般的交通事故・飛行機事故と同列に扱えないことが解説されてもいた)

 

 

 

(4)

上越市で、このような映画に関心を持っている方々が

たくさん集まっていることに驚きました。

関心ある人が 1つの力に なれないかと思います。

 

 

 

(5)

原発が1日も早くなくなりますように!

 

 

(6)

ありがとうございました。

 

 

(7)

とてもわかりやすい映画でした。

多方面からの説明、解説 未来のはなしなど

ありがとうございました。

 

 

(8)

大変良い機会を作っていただきありがとうございました。

原発再稼動反対の視点からのいろいろな映画今後も見たいと思います。

 

 

(9)

「日本と原発」の映画は今回で2回目です。1回目はとうきょうです。

原発じこをわすれかけているので 今回見にきました。

よかったです。

 

 

 

(10)

・BD、 DVD等が発売されていないのでしょうか?

・内容は、良いのですが、見に上映等で利用できるダイジェスト版(60分位)

・多くの方に見ていただきたく、上映機会が増えると良いです。

 

・観てみたい映画‥安全法案、食に関する内容

 

(*現在『日本と原発』はすでに半年以上、連日、全列島の有志が、試写会という形で上映会を行っています。制作会社によれば、観客数は3万人を超えたようです。

これらの試写会が一段落したところで、メディアの発売となるのではないかと思います。

先日、「柏崎刈羽原発差し止め訴訟」の公判では60分ほどのダイジェスト版が上映されたと聞いています。

・8月2日に柏崎で上映会が予定されており、河合監督が講演されるようです。)

 

 

 

 

(11)

うまく書けないが、被害者とか加害者、国の行政との間に

大きな温度差があるような気がする。

私もまだ現実を甘く見ているような気がする。

 

 

 

(12)

実に重たい議題ですね。

でも、今生きている私たちがどう行動をとるのか

原発に対する危機感はまだまだごく少数で、あると思います。

人間の欲望を大事にするのか、命を大事にするのかという 分かれめ ですね

 

・観てみたい映画‥葬儀に関する作品、人の命に関わる、作品

 

 

 

(13)

わかりやすく良かった。 原発反対!

一時のうるおいか 永遠の豊かさか、日本がこんなんになって悲しいです。

 

 

(14)

見る機会を作ってもらって、ありがとうございます。

色々、思う事がありますが、やはり原発はなくてもいいかなと思いました。

 

・「パパ遺伝子の組み換えってなあに?」「ダムネーション」 「聖者たちの食卓」

 

 

(15)

とても勉強になりました。観にきてよかったです。‥具体的な数字の裏付けを取っているので。

全市議会議員、県議会議員に「見てもらう上映会」をしてほしいです。

 

(*今回の上映会の参加者は総員100名ほどでした。‥確認できた方だけですけど‥県議1名、市議1名が鑑賞されていました)

 

 

 

(16)

自分は何をするか

    行動を考えます

 

アルプス。 遺伝子組み換え関係の映画。

 

 

 

(17)

ずっとずっと見たかった映画、本日見れました事 本当に嬉しかったです。

ありがとうございました。

たくさんの人たちに見ていただけたらいいと思います。

小さな力ですが 少しづつ広め 柏崎原発(*再稼働)も止めたい!!

がんばりましょう。

 

 

 

(18)

原発はいらない の意を強くしました。

本当に社会上層部にいる

金の亡者たち(もうじゃ)にはあきれます。

 

 

 

 

(19)

東電は15mの津波は想定していなかったと言っていましたが、

それは嘘だったという事が今日わかった。 ありがとうございました。

「ラジオフォーラム(*http://www.rafjp.org)」を凝縮したような内容ですね。

 

国富の流出は、論点が違うと思います。

日本人がかせいだお金が、ガソリン等を入れると

石油会社を通じて海外に流出するという意味では ないでしょうか?

 

・観てみたい映画‥この映画を何度も上映するのがよろしいかと思われます。

 

 

(*私個人としては‥経済畑の弁護士として長いキャリアのある「表も裏もある」(笑)・河合弁護士のわかりやすい解説だと思いました。

いわゆる「3.8兆の国富流出」論‥この部分は、これからギリシャ危機だの中国バブル崩壊だのとき機を煽る喧伝がなされるたびに原発推進側から、持ち出される事が予想されるので、別のページに、叩き台として河合さんのお話をテキスト化しようと思います。

 蛇足で、少し話ずれますけど、もう京都議定書(1997)の頃から、ほとんど石油を燃やす火力発電なんてありません。‥この国の大量消費社会が変化しない限り、原発を続けようが、石油の大量輸入止まりません。‥そういった意味でも、今回の全原発停止に起因する燃料輸入代金の増大費用=3.8兆(為替変動分を含む)は、それほど大きな額ではないと思います。‥電力会社は、なるほど困るでしょうけど、それは今までの原発依存殿様商売のツケが回ってきてるだけです。‥9大電力会社が、抱える有能なスタッフの声に耳を傾ける体制に変化すれば、営業努力によってなんとかできない額ではないでしょう。)

 

 

 

 

(20)

人類は原子力を使用してはならない。

 

・観てみたい映画‥被災者たちの真の声が聞きたい

 

 

 

(21)

教訓に学ぶ 「生かす」ということは難しい。足尾鉱毒水俣病

新潟水俣病福島原発事故に共通なものを感じた。

「生かす」ことが不得手な国民なのだろうか

柏刈の上に登ったことがありますか

〇〇〇〇入り立つ炉心上では体のふるえがくる〇〇‥

 

(*後半不明‥‥‥)

 

 

 

 

(22)

改めて原発のとんでもなさを実感させられる

ドキュメンタリーでした。

 

 

 

(23)

チェルノブイリを見ても また 福島があっても 日本人は、それを忘れようとしています」

という言葉が印象に残りました。

原発は、いらないですね。

 

 

 

(24)

地震国、日本に原発は不要です。

この映画を見て強く感じました。

 

 

 

 

(25)

原発事故は人類の存亡に関わることがら、

人間普通の感性があれば、その問題の是非は

容易に分かる筈!

 

 

 

(26)

又、原点を思い出しました。

上映してくださって、感謝しています。

絶対脱原発! 必ず安倍政治打倒! (‥福島県出身‥より)

 

・観てみたい映画‥お世話様です。「小さき声のカノン」を、友人が新潟で見てきたパンフレットを借りて、見ました。上越で上映していただけるなんて‥

 

 

(27)

人間は愚かさから抜けられない。

同じ過ちを何度も繰り返す。

自らの愚かさに気づき、未来を掴む。

 

(*イッパンショミンは、たいがい「叩かれれば埃の出る身である」と自覚があるような気がするのですが‥人間として本来持ち合わせてるであろうそうした感覚が‥社会の上層に登りつけるにしたがい‥消えてっちゃうものなのでしょうか‥かれらから聞こえるのは、ただただ「叩いて埃を出させろ」だけです‥)

 

 

 

(28)

見たかった映画を見ることができてよかったです。

ありがとうございました。

感想の言葉がなかなか出てきませんが、

原発のない暮らしをどのように、合意のもとに実現してゆけるだろう‥‥と思案しています‥。